日立製作所は、光超音波イメージングに使う造影剤の基本技術を開発した。光超音波イメージングは物質に光を照射した際に生じる超音波を計測する手法で、生体の画像診断向け技術として開発が進められている。新開発の造影剤を用いることで、生体深部の腫瘍を高分解能で計測できるようになり、がんの早期発見や治療が可能になるという。

ここからは会員の登録が必要です。