帝人エンジニアリング(本社大阪市)は、産業用ロボット向けに把持性能を高めたハンド「てるぷよハンド」を開発、限定的に販売していたが、2012年下期中に本格販売を開始すると発表した(図)。1つの搬送用のハンドで、さまざまな形状のワークでも把持できるため、ハンドを交換する必要がない。そのため、ハンド交換の手間を省けるだけでなく、用意するハンドの数を削減できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!