トヨタ自動車は、モーション・センサを用いたジェスチャー入力や、クラウドを介した音声認識および行動予測などの機能を搭載した電気自動車(EV)のコンセプトモデル「Smart INSECT」を、「CEATEC JAPAN 2012」で披露した。“人とクルマと家をつなぐ”をテーマに、トヨタ車体製の小型1人乗りEV「コムス」をベースに開発したもの。音声や身ぶり・手ぶりに基づく操作の他、ドライバーの好みや習慣を反映したコンテンツやサービスの提供、ドライバーの自宅の家電の遠隔操作などを可能にした。商用化時期は未定だが、「搭載した機能の一部は1~2年以内にも(商用車へ)導入できる」(トヨタ自動車 常務役員の友山茂樹氏)とする。

ここからは会員の登録が必要です。