米IBM社の研究者は、炭素材料の単層グラフェンを透明電極として用いた有機EL素子を作製し、ITOを用いた場合とほぼ同じ発光特性を得たことを明らかにした。

ここからは会員の登録が必要です。