近畿大学 工学部 電子情報工学科 教授の藤本暢宏氏らの研究グループは、データ伝送速度が600Mビット/秒超と速い可視光通信システムを試作した。特徴は、部材数の削減や安価な市販部材の利用などによってコストを抑制しながら、高速なデータ通信を可能にしたことである。

ここからは会員の登録が必要です。