ホンダは、HEV(ハイブリッド車)「CR-Z」を部分改良し、2012年9月28日に発売した。同社が国内で販売するHEVとして初めてLiイオン2次電池を積んだ。加速したいときにステアリング内の右側にあるボタンを押してエンジン、モータの出力を上げる「PLUS SPORTシステム」を搭載した。CVT(無段変速機)仕様では減速比も変えて回転数を上げる

ここからは会員の登録が必要です。