韓国LG Display社が開発した4K×2K(3840×2160画素)のIPS液晶パネルが「IFA 2012」の会場を席巻した。親会社の韓国LG Electronics社が商品化するのをはじめ、ソニーと東芝がこのパネルを採用したテレビの商品化に踏み切る。画面の大きさもあって、会場では最大の話題をさらっていた。LG Display社によると、「2012年のCESでお披露目したところ、東芝さん、ソニーさんに気に入ってもらい、採用いただきました」とのこと。

ここからは会員の登録が必要です。