2012年5月のNHK技研公開で展示された145型の8K×4Kプラズマ・ディスプレイ(7680×4320画素)を、「IFA 2012」のパナソニックの展示ブースで見た。NHK技研公開で見たディスプレイと比べて、画質が改善された印象を受けた。NHK技研公開では明るい環境での展示であり、外光の影響もあって、コントラストが今ひとつ不確実だった。今回の展示では、暗室が確保されたので、プラズマ本来の力を出せた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!