アイデア発想や課題の真因究明などを支援する手法であるTRIZに関する国際会議「第8回 TRIZシンポジウム 2012」が早稲田大学(東京・新宿区)で開催され、コンファレンスの初日となる2012年9月7日には、習得が難しいとされるTRIZの発明原理を覚えやすくする工夫が紹介された。その方法を紹介したのが、韓国eTRIZのJeongho Shin氏やソニーの高木芳徳氏である。

ここからは会員の登録が必要です。