米University of California Los Angeles校(UCLA)は、同大学の研究者が可視光の透過率が高い一方で、変換効率が4%の透明な有機薄膜太陽電池を塗布プロセスで開発した、と発表した。

ここからは会員の登録が必要です。