図研と関係会社のジィーサスは、機器開発の初期段階の構想設計において熱設計を支援するソフトウェア「ThermoSherpa」(サーモシェルパ)に新機能を追加した。機能が向上した最新版を、7月11日~13日に東京ビッグサイトで開催の「TECHNO-FRONTIER 2012 第14回熱設計・対策技術展」で紹介すると発表した。

ここからは会員の登録が必要です。