クリエイティブマシン(本社宮崎市)は、3次元CAD「IronCAD」の次期版「同2012」の新機能の1つとして、大型タッチスクリーンでの操作を「第23回設計・製造ソリューション展」(2012年6月20~22日、東京ビッグサイト)で実演展示した(図)。デザインレビューのように何人かが集まって設計案を検討する場で、大型画面に映したまま3次元モデルの編集操作ができる。タッチパネルには「BIG PAD」(シャープ)を用いた。

ここからは会員の登録が必要です。