日本自動車部品総合研究所(部品総研)とデンソーは、「LSIとシステムのワークショップ 2012」(2012年5月27日~29日に北九州国際会議場で開催)のポスター・セッションで、CAN経由で接続するECU数を増やすことを狙った、技術的な工夫に関して発表した(ポスター番号:一般部門[05])。この工夫によって、従来よりも約2倍多い、24個のECUを接続できることを確認している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!