米Xilinx, Inc.は、49th Design Automation Conference(2012年6月3日~7日に米カリフォルニア州San Franciscoで開催)の展示会にブースを構えた。同社がDACに出展したのは11年振りで(日本語版ニュース・リリース)、2012年4月に発表した新設計環境(EDAシステム)の「Vivado Design Suite」を中心にアピールした。同社のブースで、Vivadoの開発方針などをTom Feist氏(Sr. Marketing Director, Design Methodology Marketing)とRamine Roane氏(Director, Software Product Marketing)に聞いた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!