三菱重工業は報道関係者やアナリスト向けの説明会で、米Boeing社による「Boeing 787 Dreamliner」の増産に対応するために、三菱重工業が製造を担当する複合材料製主翼などの生産設備を増強したことを明らかにした。2013年末に月産10機の生産に対応できるようになるという。

ここからは会員の登録が必要です。