三菱電機は、データパスだけでなく、制御回路やバスの設計にもSystemCと高位合成を適用する工夫に関して、49th Design Automation Conference(DAC 2012、2012年6月4日~7日に米カリフォルニア州San Francisco)のUser Trackのポスター・セッションで発表した。発表者は同社の山本亮氏(情報技術総合研究所 リアルタイムプラットフォーム技術部 LSI設計技術グループ)である

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!