大日本印刷は、フレキシブル・ガラスを基板に用いたロール・ツー・ロール(R2R)方式でカラー・フィルタを製造するプロセスを開発したと発表した。2014年度の量産開始を目指すという。  

ここからは会員の登録が必要です。