アプストウェブ(本社東京)は製造現場や管理現場での非定形的な情報処理業務に向け、担当者が事前プログラミングなしに手元でデータを加工・利用することを目的としたツール「コンテキサー」を開発、発売した。Excelのように表形式の操作画面でデータを加工していくものだが、構造を持つ表(シート)と表を互いに連携させるのが特徴。企業内に存在するデータを担当者が手元に持ち込み、自分の業務に沿ってさまざまな形に合成したり整理したりして目的のデータを得て、それを企業のシステムに戻すことなどが容易になる。

ここからは会員の登録が必要です。