アイシン精機は、ストライカとドアに取り付け、両者のすき間を埋めることによって車体の変形を抑える部品(商品名:ドアスタビライザー)を開発し、「人とくるまのテクノロジー展2012」(2012年5月23~25日)に展示した(図1)。ステアリングを操作した直後の車体の変形を抑えるため、ヨーの立ち上がりが早くなる。トヨタ自動車「86」、富士重工業「BRZ」用の後付け部品としてトヨタテクノクラフトがTRDブランドで販売する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!