日本特殊陶業は、プラズマを噴出することで、強力で効率的な点火を可能にする「プラズマジェットプラグ」を開発し、「人とくるまのテクノロジー展2012」(2012年5月23~25日、パシフィコ横浜で開催)で同技術を適用したサンプルを展示した(図1)。プラズマジェットプラグ向けに新たな点火システムを開発すれば、燃費を3%向上できるという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!