NHK放送技術研究所は、120Hz駆動で7680×4320画素の「スーパーハイビジョン」(SHV)相当の映像を表示可能なプロジェクターを開発し、「技研公開2012」(2012年5月24日~27日)で披露した。JVCケンウッドと共同で開発したもの。これまでの試作品は60Hz駆動であり、「120Hz駆動に対応したのは今回が初めて」(NHK放送技術研究所の説明員)とする。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!