[画像のクリックで拡大表示]

 JFEエンジニアリング(本社東京)、湯遊つちゆ温泉協同組合(福島市)、宝輪プラント工業(本社盛岡市)は、環境省から「平成23年度再生可能エネルギー事業のための緊急検討委託業務」を受託し、福島市土湯温泉町における温泉バイナリー発電の事業化へ向けた調査業務に着手した(ニュースリリース)。

 土湯温泉町では、東日本大震災と原子力発電所事故の影響で地域経済を支える観光産業が大きな打撃を受けており、早期復興による地域経済の活性化が急務。一方で被災地において再生可能エネルギの導入を加速し、地球温暖化に配慮した復興を目指す環境省の思惑もあり、今回の調査業務への着手が決まった。同業務では、温泉の未利用分の熱エネルギを使う温泉発電を導入して、エネルギの地産地消でモデルとなる地域の実現を目指す。

 湯遊つちゆ温泉協同組合が所有する源泉から噴出する約150℃の温泉資源(蒸気)の活用を念頭に置く。これに、高温流体の熱を用いて低沸点媒体を沸騰させタービンを回すバイナリ発電設備を組み合わせる(図)。そうした発電事業の実現を目標に、調査・調整を実施する。

 湯遊つちゆ温泉協同組合は、同業務の全体とりまとめと地域社会との調整を担当。宝輪プラント工業は、坑井(こうせい)利用計画および資源量調査を主導する。JFEエンジニアリングは、温泉発電設備の設計・検討を受け持つ。3者は、調査業務の成果を基に、おおむね2年後に500kW級の発電事業の開始を目指す。将来的には1000kW級に拡大し、土湯温泉の電力需要を全て賄うことを目標とする。