かつての日本では、LSIのテストは、基本的にIDM(integrated device manufacturer)のテスト部門がもっぱら担当していて、他の部門や外部委託先との関係は基本的に薄かった。最近はその状況が変わってきている。LSIの複雑化や前工程(ウエハー処理)の外部委託化(いわゆるファブライト化)が背景にある。そして、永遠の課題であるコストの削減要求は強まることはあっても、鎮まる気配はまったくない。

ここからは会員の登録が必要です。