2011年12月7日から幕張メッセで始まった「Semicon Japan 2011」の「後工程」部門の展示会場で最大のブースを構えたアドバンテスト(ブース番号8C-901)は、予告通りに、元々同社製品であるモジュール式SoCテスターの「T2000」と、7月に買収したシンガポールVerigy Ltd.のモジュール式SoCテスターの「V93000」をブース正面に並べて展示した。最近は日本のメーカーが海外メーカーを買収することはそれほど珍しくなくなってきたが、米Agilent Technologies, Inc.から分離独立したVerigyをアドバンテストが買収したかと思うとやや感慨深いものがある。

ここからは会員の登録が必要です。