東北大学 省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンターなどの研究グループは、従来の手法に比べてトランジスタ数を50%以上少なくできる、MTJベースの不揮発性の6入力LUT(lookup table)を開発した。

ここからは会員の登録が必要です。