ディスプレイ関連で世界最大の学会「49th SID International Symposium, Seminar & Exhibition(Display Week 2011)」(SID 2011)の基調講演が、2011年5月17日(米国ロサンゼルス現地時間)に開催された。基調講演に登壇したのは、青色LEDの実用化と高輝度化で大きな役割を果たした米University of California Santa Barbara校(UCSB)教授の中村修二氏、フォトニクスポリマーの研究開発で著名な慶応大学教授の小池康博氏、劇場アニメ制作会社として有名な米DreamWorks Animation社のPhil McNally氏である。

ここからは会員の登録が必要です。