東京大学 教授の荒川泰彦氏の研究グループは,3次元(3D)的な構造を備えたフォトニック結晶から成る共振器で,レーザ発振に成功したと発表した。

ここからは会員の登録が必要です。