「iPad」や「iPhone」は,2本の指による新しい操作方法と共に,表面をフラットにした斬新なデザインが多くの消費者の心を捉えた。このデザインをいち早く可能にしたタッチ・パネル技術が,iPhoneなどにも採用された投影型静電容量方式である。保護カバー・ガラスの設計やタッチ・パネルとの張り合わせを工夫することで,全面をフラットにした。現在最も多く使われている抵抗膜方式でも,カバー・フィルムを平坦にすることで,同様のデザインを実現できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!