福岡スマートハウスコンソーシアム(代表:スマートエナジー研究所)は2010年6月3日,自律的な電力供給の制御システムを構築し,CO2排出量の削減や省エネルギー化を図るスマートハウスの実証試験を2010年9月から開始すると発表した。試験は福岡市と共催で進める。まずは2011年3月まで実証試験を実施し,成果を公表したいとしている。

ここからは会員の登録が必要です。