持続性のある社会を実現するために求められる技術とは何か――。シャープ 取締役 専務執行役員 技術担当 兼 知的財産権本部長の太田賢司氏は,「サスティナブル社会に向けた新たな技術開発」と題して,SEMIジャパン主催の「SEMI Forum Japan 2010」(5月31日~6月1日,大阪国際会議場)において講演した。同氏はこの中で,同社の今後の技術開発テーマとして「エネルギー・マネジメントと高齢化社会への対応」を挙げ,そこに必要なデバイス開発の一端を示した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!