富士通は,DMUツール「VPS」の新版(V11L17)を発売した。VPSは,3次元CADで設計した製品の生産性検討と工程設計,製造現場への工程の指示といった両面で使われる。前者について工程順序の編集を容易にする機能などを強化したほか,検討の質を高めるため不具合データベースなどと組み合わせる機能を用意した。後者では動画と静止画を作成し,利用しやすく整える機能などを強化。さらに,ハーネスについて電気系CADから情報を取り込み,より正確な検証ができるようにした。

ここからは会員の登録が必要です。