職人芸と言われていたアナログ・チップ設計に変革の波が押し寄せている。デジタル設計期間の短縮に伴って,アナログ・チップの設計期間が相対的に長くなり,改善が求められていることが背景にある。アナログ分野におけるベテランのノウハウを社内の標準設計フローやEDA(electronicdesign automation)ツールに取り込んで設計を効率化し,アナログ・チップを早期開発する体制作りが半導体各社で急速に進んでいる。 (本記事は,『日経マイクロデバイスス』,2008年6月号,pp.29-41から転載しました。内容は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります)

ここからは会員の登録が必要です。