2008年9月から開催中の「CEATEC JAPAN 2008」の東芝ブースでは,マイクロプロセサ「SpursEngine」を使ったDVDのオーサリング・ツールなどの展示が多く見られた。東芝はここ数年,CEATEC会場においてCellやSpursEngineを使った画像認識などのデモンストレーションを毎年披露してきたが,今回東芝は自社ではそうした派手な実演は見送り,協業各社によるすそ野の広がりを重視した。東芝ブースでSpursEngine対応ソフトウエアを展示していたのは,カナダCorel Corp.,サイバーリンク,トムソン・カノープス,CRI・ミドルウェアなどである。

ここからは会員の登録が必要です。