富士通のサーバシステム事業本部は,サーバー向けプロセサ・チップの開発にSSTA(statistical static timing analysis)ツールを適用した効果について発表した。この発表は8月29日~30日に浜松市で開催の「DAシンポジウム 2007」で行われた。

ここからは会員の登録が必要です。