松下電工は,プリント配線基板(PCB)の主な部材となる銅張積層板,プリプレグを値上げする。原油や非鉄地金市況が再び高騰に転じていることに応じ,主原材料となる銅箔やエポキシ樹脂,ガラスクロスなどが,依然これまでにない値上がりを続けていることを受けたもの。原価の上げ幅が,製造合理化,費用削減などの自助努力で吸収できる限界を超えたとしている。

ここからは会員の登録が必要です。