東京工業大学の益一哉教授らの研究グループは,次世代のマルチバンド無線端末に向けて再構成可能なRF回路(リコンフィギュラブルRF回路)の要素技術を開発した。リコンフィギュラブルRF回路はソフトウエア無線技術と組み合わせることで,複数の無線通信に対応するマルチバンド無線端末の低価格化や小型化につながると期待されている。今回,RF回路の電圧制御発振器(VCO)を試作し,実用的な性能を得たという。

ここからは会員の登録が必要です。