組み込み機器開発を手掛けるアットマークテクノは,無線LAN対応のLinuxボード「WA3000」を,ディジ・インターナショナル,サイレックス・テクノロジーと共同開発した。2007年1月から出荷予定。組み込み用途向けで,無線LANと有線LANのインタフェースを追加することができる。Linuxを採用したことで,無線および有線LANに接続できる組み込み機器を短期間で開発可能となったという。

ここからは会員の登録が必要です。