デジタル家電向けのDRMを策定する米Marlin Developer Community(MDC)は,MDCの会員向けにMarlin DRMのリファレンス実装,およびソフトウエア開発キット(SDK)を公開した。Marlin DRMは,ソニーや松下電器産業ら日本のテレビ・メーカー5社が主導するテレビ向け映像配信サービス「アクトビラ」で採用予定のDRMである。これまでは仕様書の公開のみだったが,2007年度にアクトビラでストリーミング型VOD配信サービスを予定していることもあり,いよいよSDKとリファレンス実装の公開に踏み切った。  CEATECの「デジタルホーム実証実験」のブースでは,Marlin DRMは説明パネルのみであり,各社のVOD型映像配信の実演では,まだMarlin DRMは実装されていない。しかし,アクトビラを運営するテレビポータルサービスに出資するテレビ・メーカー5社は,既にMarlin DRMのリファレンス実装を受け取り,自社のテレビへの移植作業に着手している模様である。リファレンス実装には,DRMとしての基本的なアルゴリズムなどが実装されているが,5社のテレビで用いているマイクロプロセサの種類やその処理性能などはバラバラのため,「基本的には,各社が自社のハードウエアに合うように最適化作業をしている」(ブースの説明員)という。

ここからは会員の登録が必要です。