人工水晶の「釜揚げ」現場はとにかく暑い。オートクレーブ内の温度は約350℃。昇温のためにオートクレーブにぐるぐる巻いたヒーターの熱で工場内部も暑くなるのだ。上着を脱いで見学するのだが,それでもじわじわと汗が吹き出てくる。

ここからは会員の登録が必要です。