「みなさん誤解している。SEDテレビからは撤退しない。50年に1度のディスプレイ技術だからだ。これに我々は賭けている。決意と覚悟を持って事業を推進する」。東芝 取締役 代表執行役社長の西田厚聰氏は,2006年5月11日に東京都内で開いた経営方針説明会で,SEDテレビ事業に関する今後の意気込みを語った。

ここからは会員の登録が必要です。