東芝松下ディスプレイテクノロジー(TMD)は,東京ビッグサイトで開催している「第2回 Display 2006」で,2.2型の有機ELパネルを初めて披露した。アクティブ・マトリクス型で,画素数は320×240。携帯電話機などへの搭載を想定する。開発中の製品であり,実用化の時期は未定という。

ここからは会員の登録が必要です。