オムロンは,デジカメや携帯電話機などに向けた顔認識ソフトウエア「OKAO Vision 顔認識センサ V2」を,2005年10月4日から開催中の「CEATEC JAPAN 2005」で展示した。顔認識に要する時間を,従来,同社が発売していた「OKAO Vision V1」の1秒と比べて,0.6秒に短縮した。画像の中から,顔画像を検出する処理のアルゴリズムを工夫することで高速化したという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!