経済産業省は、2004年9月に設置した「クリーンディーゼル乗用車の普及・将来見通しに関する検討会」がまとめた報告書を発表した。ディーゼル車は、ガソリン車と比べて省エネルギとCO2排出量、経済性でメリットがあるものの、PMやNOxの排出量で劣るとし、ガソリン車並みの排ガス性能を持つクリーンディーゼルの開発が最大の課題とした。

ここからは会員の登録が必要です。