ESL(electronic system level)ツールの開発元もユーザーも多い欧州。それを実感できたのが,3月上旬にドイツ・ミュンヘンで行われた「Design, Automation and Test Conference in Europe (DATE) 2005」だった。同じ時期に米国のSan Franciscoでは,テーマ的に重なるEmbedded Systems Conferenceが開催されていたが,「ESLツールのユーザーは米国より欧州に多いのでDATEを優先した」(中堅EDAベンダーのマーケティング担当者)という言葉が,それを象徴していた。

ここからは会員の登録が必要です。