リコーMFP事業本部開発革新センター所長の鹿島昇氏は,日本能率協会主催の「2005生産革新総合大会」(2005年2月23~25日,横浜みなとみらい・パシフィコ横浜会議センター)で,現在同社が実践している設計改革の取り組み状況について語った。1999年から開始した設計改革の取り組みにおいては,「(余計なものは)作らずに創る」というコンセプトを掲げ,3次元設計の推進やモジュール・部品の共通化などを実践している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!