閉じる

Teardown

日経エレクトロニクス

目次

  • 中国勢が席巻するインドスマホ市場で、生き残りをかけた地元メーカーのコスト対策

    インドのスマートフォン(スマホ)メーカーであるIntex Technologies社は、MWC 2014でFirefox OSを搭載した33米ドルの激安スマホを発表したことで有名である。今回紹介する「Aqua Lions 4G」は名前の通り4GのLTEを利用でき、価格を100米ドル以下に抑えた同社の…日経エレクトロニクス

  • 印象に残ったiPhone Xの電源周り、無線充電の機能強化に期待

    世界の注目を集めた米Apple社のiPhone発売10周年記念モデル「iPhone X」。メイン基板は2階建てとなり、部品の実装面積を確保しながら基板面積をiPhone 7の3分の2程度とした。基板面積の削減で余ったスペースにはL字形のバッテリーを搭載するなど、電源周りに大規模な改修が加えられた。日経エレクトロニクス

  • iPhone X対抗で充実の装備、推定原価347ドルのGalaxy Note8

    日本で2017年10月に発売されたGalaxy Note8は、その汚名を返上しつつ、同時期に発売されたiPhone Xと真正面から競合する「iPhoneキラー」となるべく、スタイラスペンなどの装備を充実させた。日経エレクトロニクス

  • 7000mAhで26時間通話、世界最大級バッテリーの中華スマホ

    今やスマートフォン(スマホ)売り場以上に盛り上がっている周辺機器売り場。特に盛況なのがモバイルバッテリーのコーナーだ。ならば、巨大バッテリーを積んだスマホを出せばヒット間違いなしなのでは。恐らくそう考えて作られたのが、中国深センに本社を置くGionee Communication Equipment…日経エレクトロニクス

  • 予想より複雑な構造、基板4枚のBoseワイヤレススピーカー

    米Bose社の「Bose SoundLink Mini II」はBluetooth経由でスマートフォン(スマホ)などの音源に接続して音楽を再生するワイヤレススピーカーだ。日本語を含む11カ国語の音声ガイド機能があり、スマホとのBluetooth接続を確立するペアリング手順をやさしく教えてくれる。日経エレクトロニクス

  • 無段階ダイヤルで直観的操作、新感覚入力デバイスは超シンプル

    米Microsoft社の「Surface Dial」は、2017年6月に同時発売されたオールインワンパソコン「Microsoft Surface Studio」用の入力デバイスだ。無段階調整ダイヤルとクリックボタンがあり、ディスプレーに直接載せる「オンスクリーンモード」で使用する。日経エレクトロニクス

  • チャレンジスピリットは健在、虹彩認証など新基軸満載のGalaxy S8

    韓国Samsung Electronics社のスマートフォン(スマホ)フラッグシップモデル「Galaxy Sシリーズ」は、心拍センサーや有機ELなどの「新兵器」を積極的に搭載してきた。そのチャレンジスピリットは2017年モデルの「Galaxy S8」でも健在だった。日経エレクトロニクス

  • 76.5GHzのミリ波で前方監視、トヨタADASのレーダーユニット

    自動車にもレーダーが普通に搭載されるようになったきた。この流れを加速しているのが先進運転支援システム(ADAS)、特に自動的にブレーキをかけて事故を回避する自動ブレーキシステムの普及だ。トヨタ自動車のプリウスなどの上級車種が採用するADAS「Toyota Safety Sense P」では、フロント…日経エレクトロニクス

  • IoT時代の御用聞きAmazon Dash Button、実質タダだが推定原価は2000円

    米Amazon.com社の「Amazon Dash Button」は、ボタンをポチッと押すだけで、あらかじめ登録した商品をAmazon.com社のショッピングサイトに注文してくれる。洗剤やミネラルウオーターなど重くてかさばる消耗品の買い物に重宝する「IoT時代の御用聞き」だ。日経エレクトロニクス

  • 音声認識・対話機能のAlexaが大好評、IoTブームを牽引するAmazon Echo

    ある電子部品メーカーの方と情報交換したところ、最近、電子部品が飛ぶように売れているという。その牽引役が、米国で大ヒット商品となった米Amazon.com社のホームターミナル「Amazon Echo」である。Amazon Echoは音声認識・対話機能基盤「Alexa」に対応し、音楽配信、ネットショッピ…日経エレクトロニクス

  • スター・ウォーズ生まれのラジコンロボ、フォースはBluetoothと共に

    映画「スター・ウォーズ」シリーズの「フォースの覚醒/エピソード7」には、主人公であるジャンク屋の娘レイと行動を共にするロボット「BB-8」が登場する。米Sphero社のBB-8は、このBB-8をモデルとするラジコンロボットである。日経エレクトロニクス

  • 衝突回避の安全対策も進化、ホビーの制空権握る中華ドローン

    飛行機の基本的な性能は、どれだけの荷物を搭載しながら、どれだけ速く、どれだけ遠くまで飛べるかで決まる。ホビー用ドローンでシェアトップを走る中国DJI社の「DJI Phantom 4」は、先代の「Phantom3」と比べてこれらの基本性能で大きな進歩を遂げた。自重が100グラム重い1380グラムとなっ…日経エレクトロニクス

  • IoTは医療費削減の決め手となるか、Bluetooth搭載の電子血圧計

    2017年はIoT(Internet of Things)機器が急速に普及すると予想されている。中でもIoT対応が急速に進む分野に医療機器を上げる人は多い。オムロン ヘルスケアのBluetooth対応家庭用電子血圧計「HEM-7281T」は、スマートフォンに測定結果を送信して、専用アプリ「OMRON…日経エレクトロニクス

  • LTE対応で先行メーカーを猛追、Samsung廉価端末の中華通信チップ

    世界最大のスマートフォン(スマホ)メーカー、韓国Samsung Electronics社のミドルレンジ端末「Galaxy J」は、中国上海市に本社を置くSpreadtrum Communications社の通信チップ「SC9830」や「SR3593S」を搭載する。Spreadtrum社初のLTE通信…日経エレクトロニクス

  • 人気の電子たばこ「iQOS」は電子部品のカタマリだった

    米Philip Morris International社の電子たばこ「iQOS」(アイコス)は、特殊加工したたばこの葉を詰め込んだ専用カートリッジ「ヒートスティック」をヒーターで熱して、そこから発生する蒸気でたばこの香りや味を楽しむ電子たばこだ。ヒートスティックを差し込んで吸引するための「iQOS…日経エレクトロニクス

  • GaNトランジスタ搭載のスマート充電器、超小型で外出時の悩みを解消

    「Zolt Laptop Charger Plus」はシリコンバレーに本社を置く米Avogy社が開発した超小型充電器である。Avogy社は窒化ガリウム(GaN)のパワートランジスタを開発する半導体ベンチャー。日経エレクトロニクス

  • 中身も最新技術のショーケース、ソニーのハイエンドXperia

    ソニーモバイルコミュニケーションズのスマートフォン上位機種「Xperia X Performance」は、高性能カメラ、活動量計、「ウォークマン」などの豊富な機能だけでなく、内部にも様々な工夫を詰め込んでいる。日経エレクトロニクス

  • モーター13個とスマホ付き、人型ロボットのロボホンはすごかった

    シャープの人型ロボット「ロボホン」には大きく3つの機能がある。スマートフォン(スマホ)、プロジェクター、そして人型ロボットとしての愛らしい動作である。スピーカーとマイク、背中にはタッチパネル付きの2型液晶ディスプレーを持ち、通常のスマホと同じようにメールや通話ができる。日経エレクトロニクス

  • 8ビットマイコンがいれる、おいしいコーヒー

    最先端のスマートフォン(スマホ)が数十億個のトランジスタを詰め込んだ最先端のモバイル用プロセッサーを搭載する一方、炊飯器などの家電製品は性能控えめでお手頃価格の汎用マイコンを使用することが多い。日経エレクトロニクス

  • フロントカメラ、ディスプレーをダブル搭載、韓国LGの縦長16cm大型スマホ

    韓国LG Electronics社製のスマートフォン(スマホ)「LG V10」は縦の長さが約16cmという巨大サイズである。そのサイズには理由がある。普通は1つしかないディスプレーやフロントカメラをダブルで搭載しているのだ。日経エレクトロニクス

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー

もっと見る