自動車部品の大手企業が本気でトマトを育てている。農業だけでなく、2011年1月に立ち上げた「新事業開発室」では8つのテーマを追いかける。自動車事業に頼った一本足打法からの脱却が少しずつ進み始めた。

ここからは有料会員の登録が必要です。