多くのデジタル機器の設計者が悩まされるのが「ノイズ」である。ノイズは信号を歪ませたり、電源やグラウンドの電位を揺らしたりして回路全体を不安定にする。電磁波として放射されたノイズは他の回路にも影響を与えてしまう。ノイズの問題は一般に難しいと敬遠されがちだが、上流工程で効果的な対策を行うには、ノイズの“気持ち”になって発生メカニズムを理解することが重要だ。連載第1回の今回は、ノイズの発生しやすい箇所を解説する。(本誌)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら