東芝の白色LED(写真:東芝)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝が白色LED事業拡大に向けて大きく動き出した。白色LEDの生産を、2016年度までに現在の約10倍の月産数億個に引き上げるもよう。この増産に向けて、石川県にある子会社の加賀東芝エレクトロニクスの生産設備を拡張するために、「数百億円の前半(300億~500億円)」(東芝)を投じる予定だ(図1)。LED業界では、東芝は2012年に白色LEDの量産を始めた“新参者”。この生産規模拡大によって、シェア拡大を目指す。

図1 白色LEDで攻める東芝
加賀東芝エレクトロニクスの工場。東芝は白色LEDを増産する。そのために、子会社の加賀東芝エレクトロニクスの工場に数百億円を投じる予定である。(写真:東芝)
[画像のクリックで拡大表示]

ここからは有料会員の登録が必要です。