マツダは2014年7月、新世代技術「SKYACTIV」を採用した排気量1.5Lディーゼルエンジン「SKYACTIV-D1.5」を新開発し、新型「デミオ」に搭載した(図1)。先に製品化した2.2Lエンジンと同じ設計思想ながら、低コストかつ小型化のためにハードウエアは変更した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら